疾患別施術方法

脳血管疾患・脳卒中の方

「脳卒中」にはいくつかの種類がありますが、脳の血管がつまる「脳梗塞(のうこうそく)」と、脳の血管が破れて出血する「脳出血」「くも膜下出血」の大きく2つに分けられます。 脳卒中の患者数は現在約150万人といわれ、毎年25万人以上が新たに発症していると推測されています。

脳卒中は、がん、心臓病に次いで日本における死因の第3位となっていますが、「寝たきりになる原因」の3割近くが脳卒中、いわゆる脳血管疾患です。

脳卒中の患者は2020年には300万人を超すことが予想されていますが、その背景には糖尿病、高脂血症などの生活習慣病の増加、高齢者の激増が挙げられます。 脳卒中になると、さまざまな症状が現れます。

症状

脳のどの部分にどの程度の障害が起きたかによって、手足が動かなくなる運動まひ(麻痺)のように一見してわかる症状から、身体上は何の変化もないのに、言葉が不自由になったり、性格が変化してしまったりする症状まで、まさに百人百様といえます。

脳卒中の代表的な症状としては頭痛やめまい、意識の異常、手足の力・感覚の異常、言語の異常、目の異常、バランスの異常、その他として突然の記憶障害やけいれん発作などがあります。

施術方法
  • 内科治療として薬
  • 外科手術
  • 運動(リハビリ)、予防

脳卒中(脳梗塞、脳出血)を発症すると、出血部位に応じて四肢の麻痺などの様々な症状が出現します。発症後間もない急性期には、治療上の必要性から安静を要することが多いですが、身体が落ち着くと寝たままでは廃用症候群を招くことになります。

それを防ぐためには継続した運動習慣が必要となります。そのため、早期から継続した運動(リハビリ)や施術が必要になります。

パーキンソン病の方

パーキンソン病は、脳の異常のために、体の動きに障害があらわれる病気です。人は体を動かそうとすると、脳の「大脳皮質」から全身の筋肉に、運動の指令が伝わります。

このとき、私たちの意図どおりに体が動くように、運動の調節を指令しているのが神経伝達物質の「ドパミン」です。パーキンソン病になると、このドパミン神経が減少し、ドパミンが十分につくられなる結果、運動の調節がうまくいかなくなり、体の動きに障害があらわれるのです。現在、日本には約15万人の患者さんがいるといわれ、高齢者に多くみられる病気です。 パーキンソン病には特有となる筋肉が硬い状態になりやすく、小刻みな歩行や足がすくんだりという動作がよく見られます。

この筋肉の硬さは健常者が感じる筋肉の硬さとは異なり、パーキンソン病による神経的な要因から来る筋肉の硬さになります。

施術方法
  • 内科治療として薬
  • 外科手術
  • 運動(リハビリ)、予防

パーキンソン病は進行性の病気ですが、運動によって症状を抑え、運動機能を高めることは可能です。パーキンソン病の特徴的な姿勢を知り、姿勢を変えることで動作も変えることができます。

また、パーキンソン病特有の筋肉が硬くなっている状態では体の反応を司るセンサーの反応が鈍くなり、ますます筋肉は硬くなり動きが悪くなります。そのため、特徴を知り、ストレッチや運動を組み合わせることで動きやすさを改善し、症状を抑えることができます。 もちろん個人差はありますが、まずは継続した取り組みが大切になります。

症状が進行してしまうと、施術効果が弱まってしまうため、症状が軽い段階で取り組むことが何よりも重要になります。

小脳疾患の方

小脳は脳の中で大脳の次に大きな部位になります。

頭の後ろ側に位置し、主に運動機能に携わっています。また、運動体験を通し、それを認知する知覚の役割ももっています。小脳失調にかかると、これらの能力に障害が出ます。そのため、真っすぐに歩けない、手が震えて物が取れない・字が大きくなる、言葉をうまく話せない、痺れる、等の症状がでます。

そのため、普段、できていたことが出来なくなるのが特徴です。 小脳失調症を引き起こしやすい病気は、脊髄小脳変性症や血管障害、アルコール性小脳萎縮症、自己免疫性疾患、などです。

施術方法
  • 内科治療として薬
  • 外科手術
  • 運動(リハビリ)、予防

小脳の機能を維持するために、運動機能障害に対して歩行訓練やバランス訓練を実施します。具体的には、運動失調に対して小脳への固有感覚や視覚等の感覚入力を強化する介入が行われます。重錘による負荷や、弾力帯装着をしての運動、フレンケル体操や固有受容性神経筋促通法(PNF)です。

また、リラクセーションや動作の反復練習、中間姿勢の練習も有効です。廃用症候群を併発しやすいことから、筋力発揮の機会をつくることも必要であり、持久力低下に対しては自転車エルゴメーターなどの有酸素運動や低負荷高頻度の運動、最大筋力の改善には自重を用いる方法や重錘・ゴムベルトを用いる方法などがあります。

骨折の方

骨が壊れることを骨折と言います。一般的によく耳にする「ヒビ」も骨折ですし、骨の一部分が欠けたり、凹んだ場合も骨折となります。骨折の原因は骨に外力が加わることで発生します。健康な骨では、大きな力がかからないと骨折しません。しかし、例えば高齢者のように骨全体が弱っていたり、骨の一部が溶けていたりすると、弱い力でも骨折します。これを病的骨折といいます。

また、健康な骨でも同じ場所に継続した負荷が加わり続けると骨折することがありますが、これを疲労骨折といいます。

施術方法
  • 外科手術
  • 内科治療として薬
  • 運動(リハビリ)、予防

以前は、「ギブスが取れてからリハビリ」を開始するのが一般的でしたが、近年ではリハビリ病院やリハビリスタッフの充足により早期開始となっています。

一般的に負傷前の状態に戻るまでおおむね3か月~6か月かかると考えられています。 負傷部分の骨と骨が癒合する日数の目安として、中手骨:2週、肋骨:3週、鎖骨:4週、上腕骨:5週、上腕骨幹部:6週、脛骨:7週、上腕骨頸部:7週、下腿骨:8週、大腿骨幹部:8週、大腿骨頸部:12週とされています。

ただし、筋肉や関節は数日動かさなかっただけでも筋繊維が細くなっていく「萎縮」や関節が固まってしまう「拘縮」が始まりますので、痛みを伴わない部位を負傷後数日後もしくは骨折の処置をした後から筋力強化と関節運動を行っていく必要があります。

認知症の方

「認知症」は病名ではなく、特有の症状を示す状態を総称する言葉です。認知症を引き起こす病気の代表はアルツハイマー病(アルツハイマー型認知症)で、日本では全体の6割以上を占めているとも言われています。その他、脳血管性認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症(ピック病)の3つがあります。

アルツハイマー病と脳血管性認知症の混合タイプもみられます。認知症の症状は一般的に、記憶力、コミュニケーション能力や言語力、集中力や注意力、論理的思考力と判断力、視覚認知力が低下します。また、自分で動こうとする気力を失くすこともあります。

施術方法
  • 内科治療として薬
  • 運動(リハビリ)、予防

運動により脳内血流と酸素量を増加させ、脳細胞にメリットをもたらす可能性があることがわかっています。

効果的な運動方法とは、ウォーキングや軽いジョギング、サイクリングやエアロバイク(自転車こぎ)などの有酸素運動が良い。負荷の大きい運動を週1回やるより、30分程度の軽い運動を週3~4回程度おこなうことが大事です。

理想は毎日おこなうことですが、無理のない程度でかまいません。運動の効果は短期間でみられることもありますが、半年から1年程度は運動を続けることで効果が明確になるとされています。オグニサイズといわれるような、運動をしながら、同時に脳に負荷をかける(頭を使う)とより効果的だとされています。

例えば、ウォーキングや踏み台昇降をしながら簡単な計算をしたり、しりとりをしながら歩く方法が有効です。

糖尿病の方

糖尿病は、血液中を流れるブドウ糖という糖(血糖)が増えてしまう病気です。本来は膵臓から出るホルモンであるインスリンによって血糖が一定の範囲におさまっているのですが、そのインスリンが分泌されない状態になっているために起こってしまう病気です。

血糖値が何年間も高いままだで放置されると、血管の損傷や、将来的の心臓病の罹患、失明、腎不全、切断といった、合併症につながります。

高血糖の症状は、喉が渇く、水をよく飲む、尿の回数が増える、体重が減る、疲れやすくなる、などでが、著しく高い血糖は、それだけで昏睡(こんすい)などをおこすリスクもあります。

施術方法
  • 食事
  • 内科治療として薬
  • 運動(リハビリ)、予防

糖尿病に効果的なリハビリとしては有酸素運動と筋力トレーニングです。有酸素運動は筋肉への血流が増えることでブドウ糖を取り込み、結果としてインスリン効果が高まるため血糖値は低下します。

筋力トレーニングは筋肉が増えることでインスリンの効果を高めることになります。ただし、運動をやめてしまうとその効果は3日程度で失われていきますので継続した運動が必要です。

脊髄損傷の方

背骨の中には脳と繋がる「脊髄(せきずい)」という、大きな神経の束があります。脊髄は手や足を動かす運動面の役割と、痛みや温度などを感じたりする知覚の役割がありますが、何らかの原因によって脊髄が傷付いた状態を脊髄損傷といいます。

損傷箇所によって麻痺などの後遺症が出ます。発症原因の多くは交通事故や高い所から落ちたりすることで起こる場合が大半です。

施術方法
  • 運動(リハビリ)、予防

残念ながら傷付いた神経が元通りになることはありません。そのため、施術の目的は、残された機能をどのように使い、強化し、日常生活動作(ADL)を可能にするかということになります。

麻痺した神経機能の改善は難しいですが、残った機能も使わなければ弱っていきます。そうならないため、脊髄損傷後に残った機能を評価し、適宜ゴール設定をしていきます。 なお、脊髄損傷から社会復帰に至るには様々なハードルを越えなければなりません。

車椅子を使うなら操縦やバリアフリーへの対応、歩けるのであれば状態に合わせた歩行補助具の選定など専門知識により対応が必要になります。

筋挫傷の方

挫傷とは外力(打撲)により、皮下組織や筋肉、腱などに損傷が生じることをいいます。このうち、筋肉に損傷を受けたものを筋挫傷と呼びます。外力の大きさにより、骨の損傷や骨折、軟部組織の損傷や炎症を合併することもあります。

筋挫傷は接触の格闘技やサッカーなどのコンタクトスポーツなどでよく起こります。 主な症状は激しい痛みと腫れです。スポーツ選手などにも多いですが、好発部位は大腿前面です。損傷部位の周囲に腫れがみられ、皮膚が光沢を帯び、膨れ上がったような状態になります。

腫れは受傷から数日で最大となり、その後徐々に軽減していきます。痛みにより歩行障害や運動制限が生じることもあります。

施術方法
  • 運動(リハビリ)、予防

軽症の場合にはRICE処置により、数日で痛みや腫れは軽減します。RICE処置とは、安静(Rest)、冷却(Icing)、圧迫(Compression)、挙上(Elevation)のことです。また、痛みのない範囲で関節可動域を改善するリハビリテーションを行い、動きが正常に戻ればスクワットや痛み出ない範囲で筋力強化、バランスなどの活動を開始し、日常生活やスポーツ現場への復帰を目指します。

呼吸器疾患の方

呼吸器とは、鼻腔、口腔から咽頭、喉頭を経て気管、気管支、細気管支までを指しますが、気管や気管支に異常が生じた状態を呼吸器疾患といいます。

呼吸器疾患には、慢性気管支炎、気管支拡張症、気管支ぜんそくがあります。気管支と繋がり、酸素・二酸化炭素のガス交換の役割を果たしている肺の疾患には肺炎、肺結核、肺気腫、間質性肺炎、肺がんがあります。

施術方法
  • 内科治療として薬
  • 運動(リハビリ)、予防

最も重要なことは正しい呼吸法、いわゆる腹式呼吸と口すぼめ呼吸の取得になります。

呼吸器疾患のある方は、呼吸が浅く、気道が細く塞がりやすい傾向にあります。そのため正しい呼吸方法の取得により一度の換気量を増加し効率的な呼吸に変えていきます。呼吸法が習得できれば、排痰も上手くなります。

また、運動も体の筋力を維持し、有酸素運動を取り入れることで呼吸機能の維持や改善に繋がります。具体的にはウォーキングにより足腰をはじめ全身の筋肉を鍛え、心肺機能の改善を目指します。

なお、呼吸器疾患を持つ人は、胸部の筋肉が硬くなる傾向があるため、呼吸筋のストレッチを行うことで楽に大きな呼吸ができるように導きます。