当施設はパーキンソン病の方へのリハビリも行っています!①

2019年03月18日

皆様、こんにちは!

脳梗塞リハビリ徳島本店です。

↑店舗名が「脳梗塞リハビリ」なので脳梗塞以外のリハビリはないのかな・・・

と思われている皆様!

当施設は脳梗塞以外でも後遺症に悩まれている方のリハビリサービスを提供いたします!😃

 

脳梗塞の方以外でも問い合わせが多いのが

「パーキンソン病」もしくは「パーキンソニズム」で悩まれている方となっています。

 

パーキンソン病とは・・・

人口10万人当たり120〜130人が有病される、緩徐進行性神経変性疾患であるとされています。

また、高齢者の方に多いも平均寿命は一般的な寿命とあまり変わりがないとされています。

症状としては運動症状と、認知機能症状、精神症状、自律神経症状、睡眠障害、感覚障害など

多岐に渡ります。

 

特に当施設でリハビリをされている方は運動症状である、

1、振戦

2、固縮

3、無動

4、姿勢反射障害    に悩まれている方が多くいます。

 

症状の経過としましてはHoehn&Yahr(ホーエンヤー)の重症度分類にて評価します。

⬇️

 

stage1 症状は一側性で機能障害はないか、あっても軽微

stage2 両側性の症状。姿勢反射障害はない。日常生活、職業には多少の障害があるも行うことができる

stage3 姿勢反射障害が見られる。活動がある程度制限される。機能障害は軽度ないし中等度だが1人で生活可能。

stage4 重度の機能障害。自力での生活困難。支えられずに立つことや歩くことはどうにか可能

stage5 立位や歩行不可能。介助なしではベッドまたは車椅子での生活を強いられる。

 

やはり姿勢反射障害が現れ始める、stage3レベルの方が

歩きづらさや転倒しやすいと訴えられます。。。

 

「姿勢反射障害であるすくみ足」 小刻み歩行や体幹前傾姿勢も特徴です

 

パーキンソン病の方において、日常生活に与える影響が大きいすくみ足について説明します。

 

まず、すくみ足の評価として各々の状況におけるすくみ足の発生頻度や持続時間を評価します。

すくみ足の発生しやすい状況として

・歩行開始時

・方向転換時

・目標地点付近での歩行

・二重課題中

・歩行中の動作の切り替え時

・狭い通過口

・人通りの多い場所

・タイムプレッシャーのかかる場所(早く歩かなければならないなど)

などがあります。

 

こういったパーキンソン病の歩行障害を呈する方へのリハビリを

当施設では提供していますので、次回リハビリの実際について詳しく説明して行きたいと

思います!

 

徳島のタウン誌に掲載されました!

2019年02月21日

この度、徳島県のタウン誌である
「徳島人」の3月号に脳梗塞リハビリ徳島本店が
紹介されました!😄

 

徳島県で初の自費リハビリ施設ということもあり、
これを機に多くの徳島県の方々に知ってもらえればと
思います!

取材してくださったメディコムの安芸様
ありがとうございました!

オープンから4ヶ月が経ちました

2019年02月14日

皆様、お世話になっております。
脳梗塞リハビリ徳島本店です!

おかげさまで当施設がオープンして
4ヶ月が経ちました。
たくさんのお問い合わせやリハビリのご利用
ありがとうございます。

やはり徳島県内にも様々な病気の後遺症により
悩まれている方が多く、藁をもすがる思いで
当施設を利用してくださる方もいます。

また、県外からのご利用者も増えてきており
より一層、ご利用者様一人ひとりに進撃に
向かいたいと考えております。

4月から当施設にて勉強会を開催予定ですので
また、ご興味がある方はご参加よろしくお願い致します。

内覧会を開催します!

2018年11月11日

12月13日の木曜日に

13時〜14時

15時〜16時の2部構成で

脳梗塞リハビリ徳島本店についての

内覧会を開催致します!

 

医療保険についてや

脳梗塞の後遺症に悩まれている方の現状

リハビリの重要性など

様々なテーマについてお話しさせて

貰おうと思います!

 

また、現在脳梗塞リハビリ徳島本店を

ご利用の方の紹介やリハビリ内容の

説明もさせていただきますので

医療従事者の方だけでなく

一般の方も奮ってご参加下さい!

 

予約制となっておりますので

参加を希望される方はお問い合わせを

お願い致します!

脳梗塞とは

2018年11月3日

皆さんは「脳梗塞」という病気がどのような病気なのか、ご存知でしょうか?
文字通り脳の血管が梗塞(ふさがってしまい通じない)してしまう病気なのですが、具体的にはどんな病気なのでしょう?
今回は脳梗塞とは何か、ご紹介していきます。

■脳梗塞とは?

脳梗塞とは、脳を組織する細胞が壊死してしまうことで梗塞され、起きてしまう病気です。なぜ脳組織の壊死が起きてしまうのかというと、脳血管に詰まりが生じたり、脳を巡る血液量がいつもの量よりも1/5~1/10も少なくなってしまい、血液によって運ばれるはずの酸素や栄養素が届かなくなるからなのです。
脳梗塞を引き起こした場合、片麻痺や四肢麻痺、意識を失ってしまう意識障害、触った時の感触などがわからなくなる感覚障害、言葉が出てこなくなる言語障害や失語症、物が重なっているように見える複視、ふらつきなどが症状としてあらわれてきます。

■脳梗塞の種類とは
 
脳梗塞は大きく3つに分類することができ、それぞれ治療方法や予防方法などが異なります。
・アテローム血栓性脳梗塞
アテローム血栓性脳梗塞は、脳または首の太い血管で動脈硬化が発生してしまい、その場所で血管が詰まったり、血栓が流れて脳の細い血管に詰まったりすることで起きる脳梗塞です。

・ラクナ梗塞
ラクナ梗塞は、高血圧や加齢などを理由に脳の細い血管が詰まってしまい、小さな脳梗塞ができてしまうことを言います。
ラクナ梗塞がみられると、脳卒中になる可能性が非常に高くなります。

・心原性脳塞栓症
心原性脳塞栓症は、心臓で起きた疾患により血栓(血の固まり)ができ、それが脳の血管に詰まることで起きてしまいます。
心臓の病気が主な原因となっているため、心筋梗塞や心臓弁膜症などを併発している可能性があります。

■脳梗塞は発見したら早く病院に運ばなくてはいけない!

万が一脳梗塞の初期症状があらわれた場合、症状があらわれてから3時間以内に病院へ行き治療をする必要があります。脳梗塞によって血管が詰まってしまうと、血管が詰まった先の細胞は数時間程度で死んでしまい、周囲の脳細胞も段々壊死し、脳の一部を破壊してしまうのです。しかし3時間以内に治療を行うことができると細胞の機能回復率が高まります。そのため、脳梗塞は早期治療することが、治療後に機能改善できるかどうかの瀬戸際と言えるのです。

脳梗塞は非常に怖い病気です。
少しでも自分の体調がおかしい、もしくは周りの人の様子がおかしいと感じたら、早めの治療を心掛けましょう。

チラシが完成しました

2018年10月3日

チラシ.pdf

 

少しでも多くの方に配布できるように努めて行きたいと考えております!

 

そして無料体験へのお申し込みの方が続々と増えてきておりますので

少しでも気になることがあればご連絡お待ちしております☺

 

 

 



脳梗塞リハビリ徳島本店

電話番号:0886782711

お問い合わせフォーム

【平日】9時~18時【土曜日】9時~12時【定休日】土曜日午後・日曜日

営業時間:
【平日】9時~18時【土曜日】9時~12時【定休日】土曜日午後・日曜日
住所:
住所:〒770-0868 徳島県徳島市福島2丁目4-10 蜂須賀ビル1階
アクセス:
           
徳島駅から車で10分 駐車場完備